雨の日、自転車登園どうしてます?我が家の必需品はこれ

今日はあいにくの雨模様。
自転車登園組みには辛いところです。

皆さんは、雨の自転車お出かけで、何を使いますか?
今回は一番上が3歳頃から愛用しているステキ商品をご紹介します!

 

雨の自転車は何がつらい?

何がつらいって、

  • 子供の、自分のカッパ、と準備するアイテムが増えること
  • 準備に時間がかかること
  • 自転車じゃ傘さすには危ないし、カッパじゃどうしても濡れること

などなど、とにかくササッと出られないんです!

 

結局、時間ばかりかかってカッパ着るけれど
自転車には子乗せ部分にレインカバーもつけているけれど、
結局濡れること。

準備時間に関しては、

  1. 自転車装着のカバーを準備する
  2. 子供にカッパを着せる
  3. 自分がカッパを着る
  4. 荷物を大きなビニールに入れる
  5. 子供と荷物を乗せる
  6. 自分が乗って出発!

と、こんなステップを踏む必要があるわけです。

荷物に関しては、100均で購入した大き目のビニールバッグに入れていました。
毎回大きいビニール袋を探す手間がなくて便利でした。

保育園の荷物って、意外に多いですからね。

 

購入当時から必需品に

あるとき見つけたのが下記の商品。
見知ってから結構すぐに購入しました。

さて、これのどこが便利かというと…

  • 子供と前かご、自分までもいっぺんにカバーできること
  • 窓がついているから子供も周りの景色が見えること
  • 意外と運転者の下半身もカバーできること
  • 装着は前かごにスナップでとめて、自転車にかけて、自分がかぶる、の3ステップで完了すること

などがあげられます。

劇的に準備時間が速くなりました!
前かごに乗せる荷物も、あらかじめカバーする必要がないので、
本当にこれ一つで完了します。

乗ってしまえば、子供も運転者も案外濡れないんです。画期的!!
ちなみに、私が購入したのは下記の色でしたが、
今購入できるのは上の画像のもののようです。

 

使ってみて感じたデメリットは…

便利すぎてあまりないのですが…

  • 窓の部分が結構硬いので、あまり小さくはたためない
  • 電動自転車に装着すると、結構デカイ
  • 耐久性がちょっと…

くらいです。

 

購入時には収納ポーチがついていた気がしますが、
それすら結構大きめでした。
自転車に常にくっつけておく、という使い方には向かないかもしれません。
うちでも晴れの日は玄関先で収納しています。

 

また、デカイ、についてですが…

我が家の近くは比較的道が狭く、片側1斜線の道が少なくありません。
あまり細い道だと、後ろの車両が追い越しを躊躇するくらいにはデカくなります^^;
見た目、幅をとっている感は否めません。。。

 

耐久性については、

雨の日には毎回よく使っているから、ある程度は仕方ないのですが、

透明窓のところがちょっと硬めの素材になっていて、

晴れの日に丸めたりすると、そこから傷んでいくのでは…

と推測しております。

 

何にせよ、本当に便利なので、いつでもオススメしちゃいます!

うちもそろそろ3代目購入しないとなぁ。

 

より快適・安全に使う為の+αアイテムは?

ずばり、キャップ、です。

 

この商品にも、運転者のフードはついています。
かぶって、紐で縛るタイプのフードが。

ただこれ、後方確認には不向きです。

あまり絞るときついし、ゆるく絞ると顔の動きについてこなくなります。

これを解消するのが、キャップです。

  1. まずキャップをかぶって
  2. その上からポンチョのフードをかぶり
  3. 紐を絞る

これだけで、顔の動きを妨げず、
後方確認が劇的に楽になります。

ちゃんと首が振れるって、自転車にとってはとても大切なことです。

 

お子さんを乗せて走る、雨の自転車。
+αの工夫で、安全に快適な自転車ライフをー!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です