息子が鼠径ヘルニアにっ!

2人目長男がこの度、脱腸になりましたっ!

ネットで体験談とか検索すると、ちょいちょい出てくるので、もうそういうのは良いかなぁとは思いますが、

うちの記録として一筆。

 

発見は…すみません、ズボラな感じであまり覚えてないのですが、たしか以下な感じ。

8月の上旬 保育園の先生にも指摘されたので、早めに通院。

8月の下旬 入院前の通院を再度

9月4日 手術。(のために、9月3-5日で入院)

 

っと、時系列はこんなところですかね。

いやぁ、何が心配って、入院ですよ。お泊り!!

手術自体は、事前説明でそんなに難しいことはなく40分位で終わる腹腔鏡手術だと聞いていたので、

それほど心配していなかったのですが(術中に注意する箇所も聞いたけれど、外科医なら楽々クリアレベルっぽく聞こえたので…)

3歳になる我が息子。実は母親のいないお泊りは未経験なんです。

パパ寝かしつけの時は、すんなり寝ているらしいのですが、

入院中は21時頃には追い出されるので、家族がいない環境。

こたえるでしょーと思ってハラハラでした。

まぁなんとか頑張りましたよ。うん、息子も。おねえちゃんも結構ビビってましたが。

 

手術の段取りとしては、下記の通り

9月3日 夕食までOK。

9月4日 ジュースは4時までOK。水は7時までOK。あとは絶食。その他運動制限等はなし。

12時手術開始。

    13時頃 病室戻り

15時頃 ちょっと起きるがひとしきり痛いと言ったあとは寝る

18時頃 座薬で鎮痛剤を入れてもらい、夕食

21時頃 入眠

9月5日 朝食は完食

9時半頃 ちょっと傷を確認してもらって、問題無いとのことで退院許可

お昼前に帰宅

 

手術は12時頃から始まって、13時前には病室へ。

術後、薬の影響でだいぶ爆睡していましたが、ちょいちょい起きると

「お腹が痛いーーー」と泣いてました。(親としてはこれが一番可哀想な一瞬でした)

お腹が痛くて夕飯が食べられないというので、座薬の痛み止めを入れてもらったのが18時(それまでは前の薬の影響で座薬が使えないと言われていました)

座薬が効いてくれば、ヨーグルトから始まって、夕食の病院食はペロリ。

そりゃ、4日(手術当日)の7時から水もダメって言われちゃ、食べちゃいますよね。

でも、そんな絶食明けのご飯が普通の白飯とは!!ファスティングとか一時期ブームになった時は、

絶食明けこそ気をつけなさいって読んだ気がするんですが、良いんですかね??

 

ちなみに術中は旦那の方がおっかなびっくりしてたのは、内緒です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です