密かに人気?!月経カップを試してみた

最近、生理に関するエントリーが多くなっていますが。

今日は、月経カップについて。

初めて月経カップなるものを使ってみましたが、

その感想も含めてメモしておきます。

 

経産婦の生理の時の悩みは。。。

そもそも、生理がキツかった私。

腹痛も多く、生理痛の鎮痛薬は手放せないものでした。

出産してからは、産道が開いたからか、経血の量がとても多くて。

1回の量が多いので、ケミカルナプキンの「多い日用」を使っても全然足りない!なんてことが多くなっていました。

 

2時間なんてもたず、外出もままならない状態。。。

毎月のこととなると、これはキツイです。

 

幸い、1週間程度で終わるのですが、ナプキンは1パックでは足りない月が多かったです。

 

月経カップって?

img_4021

img_4023

欧米ではとてもポピュラーな生理用アイテムだそうです。

シリコン素材の小さなカップを膣に挿入して、経血をカップに受け止める。

という使い方です。使い回しができるので、とても経済的。

 

日本に輸入した当初は1つ4千円ほどしていたようですが、

今は種類も多くなって2千円台から買えます。

私は、楽天で「Lale Cup」という下記のアイテムを購入しました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【月経カップ2個+消毒器】 ステリライザー 海外発送
価格:4280円(税込、送料無料) (2016/11/2時点)

 

 

最初からフルセット…笑

でも、4280円と意外とお買い得でしたよね。

レンジで煮沸消毒できるカップも付属しているので、保管も楽ちんです。

 

初カップ!どこで試した?

トイレでやるのが一般的でしょうが、最初なのでお風呂でやってみました。

商品添付の説明書を読んだ上で、カップをレンジで4分ほどチンして煮沸消毒後、

お風呂で一度出し入れしてみました。

 

初めて箱を開けた時は、結構な大きさにびっくりしましたが、

よく考えたら赤ん坊の頭囲って40センチ以上ありますからね…

このくらいのサイズは余裕というわけでしょう。

 

入りも出しもすんなりで、あっけないくらいでした。

外せなくなるとか、入れるときもちゃんとしたところに入らないと痛いとか落ちてくるとか、

色々事前に読んだのに、やってみたらあっけないほど。

まぁ。先人はよく言ったものです。「案ずるより産むが易し」と。

 

というわけで。

ファーストインプレッションでした。

次は、交換したらまた更新しましょう。

 

入れるより、交換がホントの難関かもしれませんしね!

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です