BootcampでWindows10をインストールした時にやった4つのこと

家の組立て発注のデスクトップがついに壊れ、

サポートもなにもないので、新しくデスクトップを買って…

 

とはいかないので、MacBookProにBootcampしてみました。

組立て発注のOSを使おうと思ったのですが、

どうやらWindows7だったようで、

isoファイルまで作った後にBootcampでインストール出来ないことが発覚!

 

急きょAmazonでダウンロード版のWindows10を購入してやってみました。

 

購入したOSはこちら

 

 

とりあえず、使える環境になるまで4時間ほどかかりましたかね。

以下、Windows10インストール後に行った作業です。

 

タッチパッドに関する設定

+タップをクリック扱いに(Bootcampの設定画面から)
+スクロールの方向を逆に(レジストリ値を変更)

 

キーボードに関する設定

+MacとWinで「caps」キーの動作を同じに(Macは環境設定、Winはレジストリ修正)
Winで「英数」で半角に、「かな」でひらがな入力に(ドライバの入替)

 

+に関しての参考ページ

BootcampのWindows 10を快適に使う設定方法(追加ツールなしで)

 

無印に関しての参考ページ

MacBook ProでBootCampしてWindows10使用時に[英数]、[かな]キーが効かない時の対処法

 

 

レジストリの編集など、初めての経験もありました。

 

一番作業量のあったのは、入力切替の設定でした。

かといって、ドライバをダウンロードして、展開して、読み込ませる、

程度の作業なので、総じて失敗はありませんでした。

 

入力切替については、Google日本語入力を使う方法もあるようでしたが、

せっかくIMEで設定したので、根本的なところで使えるように、と

ドライバの更新、頑張りました(笑)

 

今、Windows10でこれを書いていますが、

ちょっと違和感ありますね(笑)

 

設定だけで入力切替が出来ないトラブルはありましたが、

立派な先人たちのおかげで、

ほぼ迷うことなくWindows環境を構築できました。

 

本や詳しい人に話を聞くことなく作業が出来るなんて、

便利な時代ですねぇ。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です