Skypeで不正アクセス!購入された場合の返金は?

さすが前厄。1月から怒涛のように悪いことが!

新年早々、親知らずの抜歯、雪で自転車でコケてこの年で青あざこさえて、

次は不正アクセスで怒涛の入金!

 

よよよ、と嘆いても始まらないので、対応の記録をメモメモ。

 

発覚まで

まず、以下3タイプのメールが来てました。

  • 購入のお知らせ
  • パスワード変更のお知らせ
  • 主要メールアドレスの変更についてのお知らせ

おかしいと思ってまずはブラウザからログインしてみますが、出来ません。

スマホをみるとログインしたままのSkypeが!

メールアドレスと購入履歴を確認。

明らかに知らない動き。

 

こうならないように>>ID・パスワード管理ならSKUID

 

対処1:「アカウントの回復」でパスワードを奪還!

メールにも「おかしい場合はこちらへ」みたいなリンクがあったけれど、

どうしても英語になってしまうので、検索しました><

 

Skypeのログイン画面へアクセス。

パスワード入力画面で「パスワードを忘れた場合」を押下。

内容を入力して、ロボット防止の英数字を入力して案内に従う。

 

対処2:これ以上の入金をブロック!クレジットカード情報の削除

パスワードを変更して、ログインできるようになったら、

まずは以下の内容で情報を集める。

  • 変更されてしまったメールアドレス
  • 購入情報
  • 決済情報(クレジットカード情報)

画面キャプチャやメモで残す。

パスワードを再度破られることも想定して、

ひとまずクレジットカード情報を削除。

(結局、不正メールアドレスは使わなかったけれど)

 

サポートに問い合わせようと思ったら、平日の20時は対象外の時間だったので、

翌日を待つ。

 

対処3:サポートセンターに連絡

チャットサポートにて問い合わせ。

氏名やSkypeID、メールアドレスなどを入力して待機。

 

案内されたのは、以下の通り。

  • 不正アクセスがあり、購入履歴があったこと
  • 不正なMicrosoftアカウントに紐づけられていること
  • 復活が難しいので凍結すること
  • 凍結に際して、個人情報や連絡先情報は削除されないが、アクセスできないので削除と同等扱い
  • 不正入金は、返金手続きをすること(Microsoft→クレジットカード会社)
  • 元々入っていたSkypeクレジットは、別アカウントにクーポンとして返金すること
  • サービス全体に対する不満や意見を催促

上記をチャットで45分かけて対応いただきました。

結局、そのアカウントの情報は使えなくなってしまいました。。。

 

パスワードの管理は気を付けましょう。。。

必要とあらば、こういうサービスを取り入れなきゃダメですね><



 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です