WordPressの高速化には、サーバーの性能が第一!?

昨日、セミナーに参加してきました。

久しぶりに夜出歩いたので、帰り道は興奮しましたー。

 

と、そんなことはどうでもよくて。

 

最近はレンタルサーバも高速化をどうするか、で選ばれるんですね。

アフィリエイトや自社サイトを作る際、

レンタルサーバとして全部任せて、webサイトに専念するか、

AWSなどのクラウドサービスで、ある程度サーバ周りも自分で管理するか、

選択肢は増える一方です。

 

どういうセミナー?

今回は、ハンズオンセミナーで、以下の様なことをやりました。

  • クラウド上にサーバを立てる
  • グローバルIPアドレスを取得して設定
  • ファイヤーウォールの設定
  • WordPressをインストール
  • メール送信のプラグインを入れる
  • 立てたサーバを削除

結構色々いじれた2時間でした!

こう書くと盛りだくさんですね。

 

何を学んだ?

今回は、WordPressの高速化には、サーバ性能が第一ですよ、というお話でした。

確かに、WordPressって便利だけれど、

プラグインを入れたりすると重いんですよね…。

スマホで見たりすることも多いので、

軽いに越したことはありません。

 

今回のセミナーでは、

今話題のクラウドコンピューティングと、WordPressに最適化されたサーバ構成・システムで

WordPressを高速化しよう、という趣旨でした。

 

WordPressを高速化しようと検索すると、

出てくるのはキャッシュ対応ばかりですが、

キャッシュしなくても速いんだとか。

 

 

セミナーの感想は?

私も、会社勤めの頃には、AWSを少しかじり、

勉強会をしてもらったり、自分でサーバ立てさせてもらったり、

していたので、感じは似てるなぁと思いました。

 

何より、

アカウント作成から含めても1~2時間あれば、

WordPressのインストールまで完了することを実感。

爆速ですよねぇ。

物理的に揃えようとしたら、パソコン買いに行く時間にもなりませんよ。

 

サイト作成も手軽に始められるんですね。

そして、今回の会社のサービスは、

値段も月額上限があるようなので、

使い過ぎても安心だそうで。

 

性能面で、高速化されているかどうかは、

数値でしかなかったので、いまいちピンときませんでしたが、

サイトを長く運用して、画像やプラグインや記事が多くなると

実感できるのかもですね。

 

レンタルサーバは、手軽で入門には最適ですが、

ある程度いじりたくなったら、クラウドコンピューティングサービスだと自由度が増します。

 

今後使ってみたいのは?

今はまだ、このサイトも無料のレンタルサーバですが、

そのうち、クラウドサービスで挑戦してみたいです^^

 

ただ、セキュリティはしっかり対策する必要があるので、

その辺の知識をつけてからじゃないと、…大変なことになりそうですけれどね。

乗っ取りとか、踏み台とか…いろいろありますからね。

 

機会があったら、皆さんもクラウドコンピューティング、

ご検討されてみては??^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です