確定申告って複雑…素人には難しいなら

確定申告の時期です。

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

 

以前、医療費控除の話を書きましたが、

今回は確定申告まるまるですっ!

(医療費控除の記事はこちら

 

確定申告が必要は人は?

基本的に、会社勤めの方は、

お勤め先で年末調整をするので、不要です。

 

確定申告する必要があるのは、

  • 自営業・個人事業主の方
  • 転職したタイミングによって、年末調整が受けられなかった方
  • 不動産売買など、大きくお金が動いた方

などが該当します。

 

もちろん、筆者の素人目なので、これだけじゃないですが。

今回の我が家は2番目が該当します。

昨年の12月1日付で転職したので、年末調整にもれてしまったのでした。

 

さて、これが大変なんですよ。

医療費控除とはまた、うってかわって複雑なんです><

 

個人で出来るレベル??

若いうちなら、出来たかもしれません。

収入を記載するだけなら、医療費控除の手続きに似たものがあり、

そんなに複雑じゃないと思います。

e-Taxで、インターネット経由で手軽に申告できるようにもなっていますしね。

(e-Taxは準備が大変ですが、ネット上で作って印刷して郵送、が一番手軽やも)

 

しかし。

やれ扶養だとか、生命保険だとか、地震保険だとか、

あまつさえ住宅ローンなんぞあった日には、

どうやって申告していいのやら…。

我が家は更に、連帯債務者がいる始末。

 

こりゃもう正直、素人の手には負えません。

確定申告作成コーナーのサイトでも、

「画面の案内に従って入力してください」

とありますが、記載内容が良く分からなくて…。

 

不安なら専門家に丸投げ、という手も

税務署に出向いて相談もしましたが、

あまりにも相談者が多くて。

若いお姉さんが対応してくれたんですが、目の前で本を広げられて…(不安。。。)

相談の要領も得なかった為、

明日は区の税理士会の無料相談窓口に行こうかと…。

 

時間もないって方は、専門家に丸投げでもいいかもですね。

ネットで探せば、相談無料とか、

申告書作成から書類提出まで代行してくれる方もいるみたいです。

 

ただ、ニセ税理士には十分ご注意を!

 

徴収は問答無用で行うのに、

還付は手を上げないとしてくれない…。

ホント、不親切な仕組みですって、まったく><

(勤務先で時期的に無理なら、税理士さんとか紹介してくれたらいいのに…><)

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です